任意整理とは

任意整理とは、あなたの月々の返済を法律家が間に入って収入と支払のバランスを確認し、見直しをはかるアプローチです。金利の見直しが必要な場合は、法定利率に基づいて計算しなおして、借金を減額するアプローチが取れる場合もあります。また、支払い続けている借金に違法な利息が付いている可能性がある場合や法律上全く払う必要のない利息について、司法書士が貸金業者に交渉及び、和解を求めます。これが成立することにより、あなたの借金を減額することができます。

このほか、収入と支出のバランスがあっていない場合、司法書士が貸金業者との間に入って今後の返済計画を立て直すなどによって、返済可能な状態に、借金の内容を整えるというお手伝いも可能です。

この任意整理という方法は官報に掲載されるなどの心配もありません。

この為、借金問題に悩んでいる方の多くが、取りかかれる方法だといえます。

 

任意整理のメリットとは

任意整理のメリットは、大きく下記の5つであると思います。

●司法書士が間に入ることで、支払いをいったん止めることができます!

●借金が減額ができる場合があります。

●払い過ぎていた金利分を取り戻せる場合があります。

●一部の借金を整理することが出来る場合や、今後の利息支払いを止める事が出来る場合があります。

●自己破産のように各種の資格制限や官報に掲載されることがありません。
 

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットとしては、金融機関の個人信用情報機関に登録されてしまうという事です。

これは、借金の返済が難しい方が他の金融機関に行って借り入れをしてしまうと、返済できない負のスパイラルとなってしまいますので、そうならないように返済能力が厳しい個人の情報を金融機関が共有するためのシステムになります。

ここに登録されると、一般的には5年とか7年といった期間は、クレジットカードなど信用情報に基づいた取引が出来なくなります。改めて、信用は大事ということですね。

これが一般的に言う、ブラックリストという事です。しばらくの間は、信用情報に基づいた取引が出来ませんので、現金でシッカリとした生活を送ることになります。

債務整理には、メリット・デメリットがありますが、借金問題を放置しているとそれこそ大変な状況になっては手遅れとなりかねません。まずは司法書士の無料相談に相談してみましょう。少なからず、問題解決の方向性が見えると思います。

 

債務整理の4つのアプローチについて


 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号089-931-1240

 

債務整理とは 過払い金とは 任意整理とは
自己破産とは 個人再生とは 住宅ローン問題とは
サポート料金 所員の紹介