住宅ローン問題とは

住宅ローン問題とは住宅ローンの返済が困難になってしまう事です。

住宅ローンはその他のローンと違って抵当権が設定されているという面です。この抵当権があることにより、返済を滞納してしまうと、住宅が競売されてしまうのです。住宅ローンに保証会社がついている場合には、代位弁済の通知が届き、債権が保証会社へ移り、そうすると保証会社より、借金の一括請求がきます。住宅金融支援機構がついている場合には債権回収会社より一括請求がきます。

住宅ローンの一括請求が来た場合、ローンの滞納をしているわけですから、当然一括支払いすることは不可能ですね。この場合代理弁済した保証会社や債券回収会社は競売の申立を裁判所に行います。こうなると自宅は差し押さえとなってしまうのです。その後裁判所より競売決定の通知が届きます。

このように自宅を手放す事にならない為にも、住宅ローンでお困りの方はローンの返済額の見直しをすることによって、支払い可能な範囲でローンを立て直す事ができます。住宅ローン問題でお困りの方は、自宅差し押さえになる前に、早期のご相談をおすすめいたします。

 

債務整理の4つのアプローチについて


 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号089-931-1240

 

債務整理とは 過払い金とは 任意整理とは
自己破産とは 個人再生とは 住宅ローン問題とは
サポート料金 所員の紹介